読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海賊宇宙船地球号獄中記

読書まとめ 1995生

迫るアテナイの刻限 Greece suffers a storm of death.

 前430年、アテナイは死骸積み重なる地獄と化していた。

 ペルシア戦争の折には一致団結して戦ったギリシャであったが、戦勝に随一の功があったアテナイが突出した力をつけていくにつれ他の都市間との不和が発生。膨張するアテナイに恐怖したスパルタはアテナイとの開戦にふみきる。ギリシャアテナイの同盟、スパルタの同盟に二分され、ギリシャ全土を巻き込んだ内戦、ペロポネソス戦争が始まった。このペロポネソス戦争の戦史をアテネの歴史家トゥキディデスが書き残している。

 

歴史 上 (ちくま学芸文庫)

歴史 上 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

 トゥキディデスはこの記録を描いた意図として、人間の本性が変わらない限り同じことが繰り返されるので、この戦争の記録が後世のための参考になれば、と思ったそうだ。そのため極限状態に陥った人間の姿が非常に生々しく書かれている。2つほど印象に残った場面をまとめておく。

  • 病魔に堕ちるアテナイ・・・スパルタとの戦の際、アテナイは海兵以外の人間、アテナイ都市外の田園の農民を全員アテナイの都市内に避難させ、籠城戦を採った。陸上ではスパルタには敵わないので主要の戦闘を海上戦に任せ、陸での戦いは徹底的に防御に徹する作戦だった。しかし折悪く疫病が発生(ペストと思われる)。疫病に見舞われた人間は高熱、下痢、潰瘍、炎症などの症状に襲われ、10日ほどで衰弱死していった。死なずにすんだものも失明や記憶喪失などの治しがたい後遺症を自らのからだに刻むことになった。地方の人間を無理矢理都市に押し込んだせいで地方民は屋外での生活を強いられていた。彼らは劣悪な環境で病魔に侵され、その死体は野ざらしにされ疫病の猛威を拡大させた。この疫病が罹患者にもたらす最も恐ろしい症状、それは「絶望」だった。疫病の恐ろしさを目の当たりにしたものたちは疫病に自分が罹ったときに容易く自らの運命を諦めた。ここにおいて人心の荒廃極まる。神殿すら、入りきらない死体の収容所として使われた。トゥキディデス曰く、『災害の暴威が過度につのると、人間はおのれがどうなるかを推し測ることができなくなって、神聖とか清浄などといういっさいの宗教的感情をかえりみなくなる』。アテナイ市内はかつてない無秩序に見舞われた。明日にも死ぬいのちだと悟ると人は平時に慎むであろうことも公然と行うようになり、犯罪行為が横行した。未来のための努力は鼻で笑われ、死ぬまでの一時を享楽の限りで尽くそうとした。社会的な掟も拘束力を失う。悪を犯しても裁かれるまでもなく命がないのだからと。金持ちも金で命は買えず、死体からは容赦なく財貨を奪われ昨日の貧乏人が今日の金持ちになる。それも長くは続かず、同じことが繰り返される。善人も悪人も等しく裁かれる場では、善悪の観念は機能しなくなっていた。この疫病でアテナイは人口の3分の1が死亡、さらにアテナイの指導者ペリクレスも、この戦争の初期段階で同じく疫病に罹り、死亡した。ペリクレスという優秀な指揮官を失ったことで、アテナイは今後、民衆に媚びを売ることで歓心を集める扇動政治家(デマゴーグ)の指揮下に入り、さらに混沌の坩堝に叩きこまれることになる。
  • ギリシャ全土の虐殺合戦・・・民衆派アテナイ、寡頭派スパルタのどちらにつくかで諸都市は分裂し内戦状態になる。アテナイが相手国の政体改革を餌に国内の叛乱分子を武器として利用するという手段を使ったこともこの戦いに拍車をかける。ここで反対派に対する虐殺が公然と行われるようになる。人間の生活が根底から覆った混乱に乗じ、反対派のレッテルを貼ることで私的な恨みを晴らすものもいた。人殺しが日常になっている今のうちにということか。トゥキディデス曰く、『言葉すら本来それが意味されていた対象を改め、それをもちいる人の行動に即してべつの意味を持つこととなった』。例えば、無思慮➡勇気、先見➡臆病、沈着➡卑怯、悪➡利口、善➡馬鹿、という風に。党派のつながりは肉親のつながりより優先された。中立派は両極のものたから不協力を咎められ、壊滅した。彼らは完全に血に酔っており、虐殺の度合いは完全に度を越していた。以外にも生き残ったのは、権謀術数に優れぬものたちが多い。彼らは自分の弱さを知っており、常に警戒を怠っていなかったからで、なまじ策を弄したものは策が失敗すると一挙に破滅に追い込まれた。

 適当なところで休戦条約を締結しておけばよいのにと思うかもしれないが、名誉欲、支配欲に侵されたアテナイはもはや引き際を失っていた。アテナイの指導者は巧みな言葉で民衆を扇動し戦争を実行する。アテナイの市民も完全に批判能力を喪失した群衆と化していた。勝敗が決定的になったのは、シケリア遠征で大敗北を喫し、得意の海上戦を行う船がほぼ壊滅したことだった。ここで名将デモステネスも処刑された。それ以後も散発的に戦を行うが、アイゴスポタモイの戦いで敗れ、制海権穀物輸送路をおさえられ、アテナイはスパルタに全面降伏した。

 

 

 

テミストクレス(前520~前460) The victory of free citizens is brought about by the wisdom of one man.

『お前は詰まらない人間にはならない。非常に偉いものになる。善いにしても悪いにしても』

 アテナイの政治家で軍人、ペルシア戦争の立役者であるテミストクレスの子供時代に教師が送った言葉。テミストクレスは子供時代から聡明で政治を好む傾向にあった。宿題が終わっても子どもらしい遊びには興ぜずに演説や弁論の練習をしたりしていた。学業の中でも人格を作る倫理の授業や快楽や趣味に関してのものは嫌い、物事の実行や理解に関わる実務的なことを好んだ。

 政治家になったテミストクレスは名誉心を第一に考え、金にがめつい狡猾な人間になっていた。敵対政治家を陥れて追放したり、島々を回って金を回収したりと節操のないことばかりやり、しかもなまじ頭の回転がはやいので大抵のことは成功させた。敵対政治家で正反対の性格をもつアリステイデスはテミストクレスのことを評して、『この人は賢明であるが、自分の手を控えることができない』と言った。このアリステイデスさん、何度もテミストクレスに嫌がらせをされている(大体、アリステイデスが窮地に陥るのはテミストクレスの仕業)がペルシア戦争のときはそのことを水に流して一致団結してペルシアと戦ったり、そのほかにもいくつもの善人エピソードをもつかなりの好人物である。そんなわけで、テミストクレスは頭のよさをはなにかけて好き放題やるうざい奴、というのがアテネ市民の総意であったが、このテミストクレスの性格的傾向によりアテナは救われることになる。

 このころギリシャはペルシア帝国の侵略を受けていた。マラトンの戦でペルシアを退けたギリシャは受かれていたがテミストクレスは次の決戦に備え、市民に分配されるはずの銀山のかねを造船につかった。このときの説得の仕方も賢く、遠くのペルシア攻めてくると言っても説得に応じないだろうから近くのアイギナに対する敵対心を煽ることで市民たちの納得を得た。全兵力の投入のために女こどもを疎開させ一般市民も船の漕ぎ手として徴収するときは道理で説得しても民衆の理解を得られないと考えデルフォィの神託を利用し(この時代ではかなり不遜では?)神のことばとして自身の考えを補強した。最終的に海戦によってペルシア軍をぼろぼろに打ち負かし深追いもせずペルシア王を撤退させた(ペルシアは兵力が多すぎるので泥沼になるとギリシャ側の不利、アテネも一時占領され壊されていた)。ペルシア王が撤退するときにテミストクレスは、「王が逃げられるように追跡を遅らせます!」と言って恩を売った(マッチポンプ…)。

 その後戦勝の第一の功労者としてテミストクレスはみんなから嫌々ながら(!)も認められ羨望と嫉妬を集めた。しかし陰謀に加担したかどで逮捕されそうになり恩を売っていたペルシアに亡命した。ペルシア王は快く迎えた(ペルシア王は馬鹿なんだろうか)。テミストクレスはお得意の口八丁手八丁でペルシア王のお気に入りになり悠々自適な生活を送る。そのことをペルシアの臣下に、『色の定まらないギリシャ人の蛇奴、王様の守護神がとうとう貴様をここへつれてきた』と揶揄された。死因ははっきりしないがギリシャと戦うことになったが、もう十分の功績と名誉を得ているのでそれに泥をぬるようなことはしたくないと言って自殺したらしい。らしくない気もするが、もう老年なので、きりよく終わりたかったのかもしれない。人生は完結!といったところか。

 こんな男だが彼の名誉心からくる智略、どんな手段もいとわない狡賢さがあったからこそペルシアの大軍にギリシャは打ち勝てたのだろう。テミストクレスが下層市民まで船の漕ぎ手として徴収したことで戦に加わった市民の発言力が高まり、アテネはより民主政の色を強くしていくことになる。

 ところで、ペルシア戦争を描いた『300』という映画があるが、そこでのテミストクレスは普通のヒーローっぽくて全然イメージに合わなかったな……

 

古代ギリシアの歴史 ポリスの興隆と衰退 (学術文庫)

古代ギリシアの歴史 ポリスの興隆と衰退 (学術文庫)

 

 

ソロン(前640~前560) The owl of Minerva with the democratic.

 

  • 雲から雪や霞はもたらされ、光る稲妻から雷鳴は生じる。そのごとくに、強力な男たちによって国家は滅び、民衆は知らぬ間に独裁者に隷属することになるのだ。
  • 言葉は行為の影である。
  • 独裁政は美しい場所であるが一旦登ってしまうと降りる道がない。
  • 独裁者の下で権力を権力をふるっている連中は計算に用いられる小石のようなものだ。
  • 心をとらえる男の舌をよく見ろ、言葉をよく見ろ。あなた方の一人一人は狐の跡を歩いているのだ。あなた方皆の頭は開け放し。
  • 不正な目にあっていない人たちが、不正な目にあっている人たちと同じように憤りを感ずるならば、不正行為がいちばん少なくなる。
  • 人生は終末を見なければならない。不確実な推測だけでいい気になって傲慢に振舞ってはならない。

 前文はギリシア七賢人の一人、ソロンのことば。独裁制が嫌いで民主制を擁護。種々の制度改革を行いアテネ民主政の基を築く。ソロンは、アテナイが独裁者ペイシストラトスを喜んで迎えたことに対して、「お前らどうなっても知らんからな」と言っているが実際にはペイシストラトスは善政を行ってアテナイに繁栄をもたらした。しかし、これは結果論であってソロンの独裁政への指摘は間違ってないだろう。独裁政は裁量権が独裁者に一任されるために独裁者が有能なら他の政体よりも善い政治ができるかもしれないが、無能な独裁者にあたった場合には最悪な結果をもたらす諸刃の刃なのである。

 実際、ペイシストラトスの政権奪取の方法も恐ろしい。ペイシストラトスは自らの体に傷をつけ、これを反対派にやられたものとし、護衛兵の設置を民会に認めさせ、この武力を以てアクロポリスを占拠して統治権を得ている。ペイシストラトスの行った独裁者的政策として、「市民からの武具の取り上げ」「市民たちの多くを田園に住まわせ農耕に従事させる」があるがこれは市民を生活に埋没させ、政治にいらぬ口出しをさせないようにするための手法であった。そして政治の要職には一族や支持者だけを就け、独裁者ペイシストラトスに対する反乱分子の可能性を奪っている。ペイシストラトスは純粋に国のためを思い、この合理的な体制を築いたが悪意あるものが同じ座についていたらどうなっていたか。

 ソロンは「人生は終末を見なければならない」という言葉からわかるとおり長期的な視野を持った人物だった。ペイシストラトスのときはよくてもその後はどうするんだということになる。ハズレの独裁者をひいたら国家の危機である。ペイシストラトスのあとを息子が継ぐが、結局追放される。やはり独裁政は安定しない。そのためか後に陶片追放の制度ができる。独裁者になる恐れのある人物をあらかじめ投票により国外追放にする制度。悪用が目立ち数十年で廃止になったそうだが。

 ソロンとペイシストラトスは友人同士で目指す政治が正反対のものであっても交流は続いた。このことからソロンとペイシストラトスが同性愛の中にあるとウワサが出たらしい。さすが少年愛のメッカというべきか。どちらも少年ではないのでそれはないという反論もある。いつの世も自分の妄想の中でカップリングを作ろうとする輩はいるのだろう。

↓(この本、旧字体なので注意!)

 

 

グノーシス If it is a field of evil spirit, where should we go?

 

グノーシス (講談社選書メチエ)

グノーシス (講談社選書メチエ)

 

 紀元2世紀のグノーシス主義を概説した本。グノーシス主義キリスト教から分派した古代宗教であり、ギリシャ哲学や他の古代宗教からの影響も受けている。

その教義は強烈な現世否定である。要約すると、

  • 完璧な神が創ったはずの世界なのに不正に満ちている。ということは、物質界を創造したのは偽の神であり本物の神は別に存在する。
  • 物質世界を悪の神が創造したものと下位の定義付けをし、上位世界に存在する「至高神」を認識することにより救済が得られる。
  • 神の要素(神の火花)が物質界に転落し、人間の肉体はこれを幽閉する檻である。そのことを知らせる(啓示)ためにイエス・キリストは至高神から遣わされた。至高神が人間を救う理由はこの神の火花を回収するため(マルキオン派は違う)
  • 旧約の神と新約の神の性格が違いすぎることから、旧約の神、ヤハウェは偽の神デミウルゴスであり物質世界を創造したのはこの神とする。世界が不完全な理由をこれにより証明。(ヤハウェはもともとカナン地方の山の神、エル。属性は嵐)

 なるほど、正統派キリスト教がいう悪の原因は神の不在、神の試練というものより、グノーシス主義のほうが論理的に筋が通っている。しかしこのグノーシス主義は異端として排斥される。旧約の神を偽とするのだから大部を敵に回すことになるのは必定だろう。

 グノーシス派の考えたストーリーも巧妙に作られていて、一連の創世神話を語ったあとに、プロレーマ(至高神の住まう精神世界)の完成にはわれわれ人間がプロレーマに到達することにより完成するとされる。このあと物質世界は燃焼して滅びる。こういう突然、当事者意識を持たせるやり方は洗脳の一手法でもある。

 グノーシスに対する異端論駁に、「そんなに現世が嫌ならさっさと死ね!」というものがあったようだ(個人的にすごく聞き覚えがあるが…)。理屈と行動は違うのでそんなに割り切れるものでもないしグノーシス派の人間も集団自殺したりすることはなかった。

グノースス派は現世を否定しているので、世界のことを真面目に考えず、積極的に関わろうともしない、反社会的な行動も辞さないはずだと思われそうだがそれは誤解だろう。グノーシス派の人間は誰よりも世界のことを真面目に考えて、積極的に動いた人間が行き着いたところだと思うからだ。現世を侮蔑するなら現世の悪には与しないはず。だから安易な暴動や放埓はなかった。むしろグノーシスは禁欲の徒だった。

偽の神を倒すというストーリーはゲームや漫画にも好んで使われていて随所に見られるので探してみるのも面白いだろう。

 

 

二分心 The childhood of mankind depends on the harmony of the gods.

 

 

神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡

神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡

 

 

 二分心(Bicameral mind)。この本を読んで「二分心仮説」というものを知った。

 前2000年期末まで人類は意識を持たず、右脳から発される神の声に従って生きていたという。そこは幻聴、幻覚が支配する世界。脳の右半球は情報を統合的に処理する。この統合機能が「神の声」となりそれを受け取る左半球の人格の部分に訓戒を与えていた。「~しろ」「~するな」と。二分心の痕跡は現代でも統合失調症として残っている。統合失調症の発生要因の一つにストレスに対する脳の脆弱性があるが、二分心の時代の人間も同じくらい、ストレスに対する閾値が低かったとされる。新しい状況に遭遇するたけで、その対処のために神のことばを待つ必要があった。

 意識とは内省し選択する能力でありほとんどの行為に実は意識は必要ではないらしい。むしろ意識は「最適な人生」に邪魔ですらある。意識がある我々は行為の前の無限に等しい選択肢の前で立ちつくす。本当に無限に近いのだ。社会的、生活的なしがらみ、こうであらねばならないという制約を無視すればなんでもできる。そう、例えば朝起きたあとに顔を洗わずに首を吊ったりしてもいいし、会社に行くかわりにランドセルをからって小学校に登校してもいい。意識とは本来何にも縛られない、故に統制がとりにくいし何をしでかすかわからない。意識がない状態はロボットに近い。最適な選択をあらかじめプログラムされたとおりに下す。そこに不合理な選択をする可能性はない。二分心もこれに近い。二分心は社会統制の一形態であった。集団のリーダーがいちいち命令しなくても、自らが社会の中で位置づけられた役割を二分心から発される声に従って実行した。二分心は言語のあとに発生し、単純な合図を通して統制していた小規模な集団が、言語と二分心による統制で巨大化していった。

 意識が必要になったのは人類が増え、天変地異に伴う民族の移動により他の二分心集団と遭遇するうちに、予期せぬ状況の続発に苛まれ、文明社会の経験の蓄積である「神の声」では対処しきれなくなったから。さまざまな状況に適応、対処するために自ら判断し適応する能力である「意識」が生まれた。そう簡単に変わるのかと思うかもしれないが、脳には神経可塑性があり傷ついても別の部分が補うようにできており、環境の変化で邪魔になった脳の機能が変化してもおかしくない。さらにこの混乱期に大規模な殺戮が行われたことで、淘汰圧がかかったものと思われる。この時期勢力を誇ったアッシリアはそれ以前に類例がないほどの血なまぐさい恐怖政策を行ったとされる。二分心が薄れ旧秩序崩壊のための反動だった。意識がないころは個人という概念がなかったのでその分争いも少なかった。やはりこの意識のない人類の幼年期こそ、愛も憎しみもない、数々の神話が夢想し詩人が望郷の念を寄せる原初の楽園なのか。意識の発現こそが罪の意識を芽生えさせ失楽園の原因になったのか。

 二分心は完全には消え去らず、人類も神が消えることを望まなかった。神の声をとり戻そうと人類はけなげにあがく。母に捨てられた子のように。神の子宮のぬくもりを忘れられずに。それは祈りであり儀式、占いとなった。もう後戻りはできない。分かたれた人と神の間隙に天使と悪魔が入り込む。天使は神と人を繋ぐものとして翼を与えられ、悪魔は神々が沈黙している理由として「悪」の観念を担う。人は善悪の意識を得た。無数の悲劇の源たるこの二元を。神が去ったあとも神の存在は自明とされた。捨てられぬ無意識のぬくもりを楽園回帰願望に託した。

 この「二分心仮説」、提唱者のジュリアン・ジェインズはまだ語りつくしていなかったようで、続きを書くと言っていたが、その前に死んでしまった。これからの研究に期待。

 神の次に託宣を下すのは人工知能かな。右脳にチップ埋め込んで、あのころに戻る、なんて。

余談だが、たぶん、伊藤計劃の『ハーモニー』はこれを参考の一つにしている。『ハーモニー』の中にこんな文が書いてある。

 神を称えよ。我々の脳に収まっている、誰が求めたわけでもない自動ハレルヤ装置。それはしっかりと側脳と脳核のシナプスに根を張って剝がれない。

〈ハレルヤ〉〈ハレルヤ〉〈ハレルヤ〉〈ハレルヤ〉〈ハレルヤ〉

祈りの言葉がどこかでつぶやかれる。人類の神がそれを与えて以来、多くの自殺者と文学者とを悩ませてきた自意識という厄介な代物をようやく捨て去ることができる。そして原初の恍惚のうちに神の王国を称えて過ごすのだ。

〈ハレルヤ〉

主要人物であり、人類の意識消失を目論む、御冷ミァハは意識のない少数民族の出身だ.。(アイキャッチの画像はこの人)

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)