読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海賊宇宙船地球号獄中記

読書まとめ 1995生

影響力の武器 part 4 社会的証明、好意、連合

 

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

 ・社会的証明の原理・・・特定の状況で、ある行動を遂行する人が多いほど、人はそれが正しい行動だと判断する。

 例:録音された笑い声、製品の誇大広告、恐怖心の除去(海を怖がる子供に同年代が海で遊んでいる映像を見せると、その子は海に対する恐怖を柔らげる)

 発動条件:①自分に確信が持てなくなったとき ②状況に対する馴染みのなさ

 これらの発動条件を集団で満たせば、集合的無知の完成。例:火事が起こっているのにみんなが誰かがやるだろうと思い、誰も通報しない。

 集合的無知の発動理由:①責任の分散 ②社会的証明を探している(誰もやっていないことを自分だけやるのは憚られるので誰かがやるのを待っている)

 効果が強くなる条件:①不確かさ ②類似性(自分と似た人間の行動を真似る)

 ウェルテル効果・・・自殺報道があって数日は自殺が増える。若者が自殺した場合は若者の自殺が増え、老人が自殺した場合は老人の自殺が増える。

 防衛法:類似した他者が行っているあきらかに偽りの証拠に対して敏感であること。自分の行動を決定する際には、類似した他者の行動だけを決定の基礎にしないこと。

 

 

・好意・・・人は自分に好意を感じている知人に対してイエスと言う傾向がある。

好意を抱く原因

  1. 外見的魅力:ハロー効果・・・ある人が望ましい特徴を持っていることによって、その人に対する他者の見方が大きく影響を受ける。
  2. 類似性:自分ににている人を好む。似通った経歴や趣味を強調すれば好意をもらいやすい。
  3. お世辞:お世辞とわかっていても純粋な好意を向けられるとその相手に好意を感じやすい。
  4. 接触頻度:馴染みのあるものに好意を抱きやすい。逆に、競争相手として接触する回数が増えると憎悪が強まる
  5. 協同:同じ目標に向かわざるを得なくなったときに人は団結し、その結果、勝利や何かを達成すると、協同した人間に好意を持つ。

例:優しい刑事と怖い刑事・・・初めに怖い刑事が容疑者に難詰し、しばらくしたら優しい刑事が助け船を出す。好意+知覚のコントラスト+返報性が使われ、容疑者が告白しやすくなる。

 

・連合・・・その出来事の善し悪しと関連があるだけで、その人物の善し悪しも結び付けられる。例:敗戦の伝令を持っきた人物は殺される

 栄光浴:好ましい事象を自分と結び付けて同一視する。例:応援しているスポーツチームが勝ったら、自分の勝利のように思う。逆に負けた場合は自分との同一視を切り離す傾向にある。否定的な自己イメージを持ち、自分ひとりでは問題解決できない人間にこの傾向は強い。

 防衛法:不当な好意が生み出されたとき注意する。承諾誘導する内容とその相手に対する感情を分離する。