海賊宇宙船地球号獄中記

1995生 Even if my body is no longer and it becomes the enumeration of words, I certainly stayed here.

扇動の研究 part3 宣伝媒体の種類

 

煽動の研究―歴史を変えた世論操作 (1983年)

煽動の研究―歴史を変えた世論操作 (1983年)

 

  ★宣伝媒体の種類

①象徴(シンボル)

  • 例:ヒトラーは鉤十字章を毎日さまざまな場所で見られるように工夫させた。
  • この種の媒体の多くは、一つ一つ切り離してみれば取るに足りないものである。しかし、いつの時代にも取るに足りない宣伝に多量に触れることによって生じるる累積効果が態度形成の方向づけをする。
  • あらゆる視覚的な媒体のかなめ、もしくはつなぎの役割を果たす。
  • 確認手段、繰り返し、調整、記憶喚起、境界表示や規模の強調。

 

イメージ・シンボル事典

イメージ・シンボル事典

 

 

②建築物

  • 建物は畏怖、偉大さ、信頼、力、安定といったものを伝えることができ、中心地や他を圧するような所に存在すれば、かなり多数の聴衆に対して長い期間にわたって力強さを印象づける
  • 政府の善政、技術力、責任などを広める。
  • 例:支配者の館、記念建造物、要塞、墓所、寺院、教会

③彫刻、絵画

  • 彫刻は、英雄や支配者を理想化し、観念や性質を擬人化により大衆にとっていくぶんなりとも実体を持たせることができる。
  • 絵画は風刺に使われる。

④雄弁術

  • 弁舌による急激な感情の攪乱、恐怖心の誘導と瀬戸際での救済。
  • 盲目的な愛国主義の常套句を周期的に絶叫。
  • 聴衆の賤しい動機を非常に鋭敏な理解力で一つの行動へと組織化する。
  • 「人間の声」は、話し手から離れると臨場感を多きく殺がれることになり、人を興奮させる力を失いがち。

⑤音楽

  • 音楽は注意深く利用すれば、人の感情に訴え人を結束させる。
  • 例:国歌、校歌
  • 条件反射的な反応を引き出す手段。

⑥ピラミッド型情報組織

  • 直接的媒体の大きな欠点は、聴衆の規模が制限されていることである。この問題点をなくすために、情報伝播のための細胞組織、軍隊、行政機関で用いられた階層組織が発達した。
  • 誤報の可能性が起こらないような情報の単純明快さ、情報の仲介者たちの正確な作業を確保する一種の規律、および作業の継続を可能にする高い水準の動機づけが必要。

⑦詩や演劇

⑧小説

  • 小説は、体制側よりも反体制側の宣伝媒体として成功してきた。
  • 体制側の小説は芸術的にやや劣る作品が多く、好戦的なナショナリズムを鼓吹し、冒険と自己犠牲を讃え、国や帝国のためにはいかなる危険も顧みない人々の勇気を賛美した。

⑨歴史

  • あまり科学的でなかった時代の歴史学は、特に見解に説得力を持たせるために、時には無意識的に歪曲されやすい学問分野であった。通常それは、現在までの歴史過程を進歩ないし退歩としてとらえるという形をとる。
  • 歴史的な比喩も好まれる。例:ナポレオンはアレキサンダー大王に喩えられて宣伝された。
  • 英雄、民族の起源、太古の国境、再現すべき帝国、再現すべき栄光、殉教者、成功者と敗残者、もめごとの仕掛け人、祝うべき記念日など、宣伝材料の恰好の宝庫。

⑩学問

  • 宣伝に都合のいい学説が取り上げられる。例:遺伝学(ナチス)
  • 哲学の諸説は、最終的には宣伝家に、しばしばその前後関係や文脈を無視して利用された。

⑪映画

  • 音、動き、色、リアリズム、ファンタジーを結合させ、半ば闇のなかで一体となっている聴衆に働きかける映画は、伝達の媒体としておそらくもっとも効果的のものの一つ。
  • グリアソン「ハリウッドは地上最大の潜在的武器弾薬工場の一つである・・・・・・人々をお互いに愛し合うようにも憎み合うようにもさせることができる・・・・・・大衆の意思を左右する手段である。

⑫テレビ

  • 群衆の反応をとらえ、ドラマをメロドラマ化し、人間の魅力を売り込み、熱狂させたり恐怖心を与えたりすることができる。
  • 対立を人為的に激化させ、事柄を単純化して興味本位に見せる。
  • 面白味に欠け、幼稚で、独創性に乏しく、反復がむやみに多い。
  • 文化の独占を助長。
  • 逃避的もしくは自己満足の傾向を持ち、興奮させる際にも自発性を生かし、ある行動にかり立てるというよりも、カタルシスとして作用し、しばしば発展性を欠くことが多い。
  • 付和雷同、無気力、自己満足と”甘え”を助長するテレビは、コミニュケーションの歴史上、最も危険な存在。